電話番号:0532-66966816

お问い合わせ

ENGLISH | 한국어 | 日本語

ホーム > 開発区概要 >7園区 > ブルーシリコンバレーコアエリア
ブルーシリコンバレーコアエリア

  中国共産党第18回全国代表大会が「海洋資源の開発能力を向上、海洋経済を発展、海洋生態環境を保護、国家海洋の権益を断固として守り、海洋強国を建設する」を提出した。2011年1月4日、国務院が「山東半島ブルー経済区発展計画」を許可して、山東半島ブルー経済区の建設を国家戦略にグレードアップさせた。青島は山東半島ブルー経済区建設の竜頭都市として、青島市委、青島市政府が歴史的使命を積極的に担当し、国家海洋強国戦略を中心に推進、グローバル海洋科学技術の制高点を占領、地域海洋科学研究能力を向上させ、「中国ブルーシリコン」を打ち上げるという戦略部署を先行に掲げ、ブルーシリコンが青島の全国ブルー経済発展最高点を占領する強力なエンジンになる。青島のブルーシリコン海洋科学技術革新モデル区を計画・建設することが正式に「全国海洋経済第十二回五ヵ年発展計画(2011-2015年)」(国発〔2012〕50号)に納入された。ブルーシリコンコアエリアが全国五番目の科学技術海洋振興産業モデル基地を成功的に建設され、東アジア海洋組織に「東アジア海洋計画(PEMSEA)」の第四期プロジェクトに入選し、また東アジア海洋ブルー知識と技術プラットフォームに位置づけされた。「青島ブルーシリコン発展計画」は国家発展改革委員会、科学技術部、教育部、工業・情報化部と国家海洋局の五つの部門に許可された。

  青島ブルーシリコンコアエリアが218平方キロの陸地面積、225平方キロの海洋面積、37.8キロメートルの海岸線があった。2012年1月31日、青島ブルーシリコンコアエリアの工作委員会、管理委員会が正式に成立され、ブルーシリコンの全面的開発・建設を担当して、ブルーシリコン計画の建設は全面的に起動された。中国ブルーシリコン、海洋科学技術新都市」という目標を目指し、ブルーシリコンコアエリアを海洋科学技術自主革新高地、海洋文化教育先行区、海洋新興産業牽引区、浜海生態科学技術新都市に建設し、国際的有名な海洋科学技術研究開発センター、成果孵化センター、人材集中センター、新興産業育成センターと知的財産権取引センターを作り上げ、国家海洋科学技術自主革新モデル区に建設しようと努力する。この目標を巡って、ブルーシリコン都市間レール交通、市政道路など「九通一平」インフラ施設建設は起動され、一元化インフラシステムは着実に構築されて、国家実験室、国家深海基地、国土部海洋地質研究所、国家海洋局一所、国家海洋設備質量監督センター、山東大学青島キャンパス、天津大学青島海洋工程研究院など20所余りの「国字号(国家レベル)」科学研究機構と大学、マイクロソフト教育クラウド研究開発基地、中航原動力非晶状態材料研究院など140社余りの企業研究開発センター、及び港中旅青島海泉湾リゾート、温泉国際会展リゾートなど一陣のハイエンド観光会展など重大なプラットフォームプロジェクトを導入した。現時点までに、コアエリアが計200億元の建設資金を投入し、600万平方メートルの面積は着工した。

  未来のブルーシリコンコアエリアは世界一流の海洋科学技術自主革新高地になって、海洋基礎科学、近海応用技術と深海応用技術を牽引して飛躍的な発展を実現し、わが国の海洋科学技術革新レベルを向上させる。同エリアは海洋文化教育先行区になって、世界一流の海洋科学研究院所と科学技術人材を集め、現代海洋文化ブランドを作り上げ、世界的影響力のある海洋革新起業人材の集中地域になる。同エリアは海洋新興産業牽引区になって、海洋生物医薬、新材料と装備製造など海洋新興産業の飛躍的発展を推進し、青島、山東及び全国海洋新興産業の発展を牽引する。同エリアは海洋生態文明を特色とし、海洋科学術革新を支えとし、機能完備、住みやすく、就職安い現代浜海生態科学技術新都市に建設される予定。

  青島海洋科学と技術国家実験室

  国家深海基地

  山東大学青島キャンパス

  国家海洋局第一海洋研究所ブルーシリコン研究院

  国土資源部青島海洋地質研究所

  国家海洋設備質量監督検査センター

  青島ブルーセンター

お问い合わせ

このウェブサイトの著作権は青島国家級ハイテク産業開発区管理委員会にあります ICP:番号:09087849