電話番号:0532-66966816

お问い合わせ

ENGLISH | 한국어 | 日本語

ホーム > 開発区概要 >7園区 > 青島高新区膠州湾北部園区
青島高新区膠州湾北部園区

  一、高新区概要

  1992年11月、青島ハイテク産業開発区(以下:高新区)は国務院の批准を得て設立され、計画面積は9.8k㎡。2006年6月、国務院の批准を得て、高新区は膠州湾北部まで拡大され、敷地面積は9.95 k㎡に達した。青島高新区は膠州湾北部園区(新産業団地、新材料団地を含め)、青島ハイテク工業パーク、青島新技術産業開発実験区、青島科学技術の町、市南ソフトウェアパークからなる。

  青島高新区は科学的発展観の指導の下で、「膠州湾周辺の環境を保護、経済を発展させ」戦略を実行し、高新区のけん引力を発揮させ、インフラ施設の建設を強化、資金・人材導入を加速し、自主革新能力と技術育成能力を強化した。2009年、高新区管理委員会は国家人力資源と社会保障部、科学技術部に「全国科学技術管理システム先進グループ」の称号を授与された。科学技術部トーチ計画(ハイテク産業指導的計画)センターが公表した55ヵ所の国家級ハイテク産業区(蘇州工業園区)のうち、青島高新区の綜合ランキングと革新育成能力は10位となった。新材料団地は「国家トーチ計画新材料産業基地」に認定した。ハイテク産業パークは「国家生物産業基地」、「国家通信産業パーク」、「国家知的財産権パイロット園区」の称号を得た。科学技術町は国家アニメ産業基地に認定した。市南ソフトウェアパークは「国家トーチ産業基地」に認定した。

  二. 管理体制

  2007年11月、青島市委、市政府は再び青島高新区管理体制を調整し、新たな青島高新区工作委員会、管理委員会を設立した。市委・市政府の派遣機構として、副市級経済管理権限を実行し、高新区膠州湾北部園区で「四統一」管理(即ち、計画建設を統一、インフラ施設基準を統一、産業パターンを統一、入園条件と行政管理を統一)を実施、青島ハイテク産業パーク、市南ソフトウェアパーク、黄島新技術産業開発実験区、市北科学技術町に指導を与え、「1園区7パーク」の発展パターンを形成している。

  三. 青島高新区膠州湾北部園区

  2008年5月12日、青島高新区膠州湾北部園区は正式に着工した。「膠州湾周辺の環境を保護、経済を発展させ」の都市発展戦略に基づき、高新区は積極的に新発展モデルを模索し、高新区を全市体制・メカニズム革新先行区、ハイテク技術産業の集積区、生態文明モデル区に建設し、国際一流の生態型科学技術のシティを作る。

  1. 将来の位置づけ

  青島高新区は科学的発展観を方針とし、自主革新戦略を実施、ハイエンドけん引、集約的発展、生態良好の方向を堅持し、膠州湾北部園区で「1センター、2ベルト、4群島、多園区」の発展パターンを形成し、青島の大湾区科学技術革新システムを構築し、全市の革新のセンターを形成し、持続可能な発展モデルを形成し、国際一流の生態型科学技術のシティを作る。

  2、概念計画

  膠州湾北部園区で科学技術革新群島を建設し、「十」字型の都市核心機能集成ベルトを形成する。塩田水系管理と生態安全の要求に基づき、計画用地を「島」のように形成させ、快速交通と生態ネットワークを紐とし、東部革新群島、西部起業群島と「紅島」などの島を連結する。

3、園区の形

  科学技術群島は既存の水系と塩田の境界に基づき、網目状の生態水系に形成される。中央智力島を革新センターとし、現代科学技術園区を建設し、世界一流の科学技術革新の雰囲気を作り、電子情報、生物製薬、光電気技術、海洋設備などのハイテク産業集積区を形成する。

  4、中央智力島

  中央智力島は自然と融合する空間モデルに基づき、水系を有して、風景の美しい科学技術革新の島を建設する。

お问い合わせ

このウェブサイトの著作権は青島国家級ハイテク産業開発区管理委員会にあります ICP:番号:09087849