電話番号:0532-66966816

お问い合わせ

ENGLISH | 한국어 | 日本語

ホーム > 開発区概要 > 開発区紹介
開発区紹介

  一、 概要

  歴史・沿革

  青島国家級ハイテク産業開発区(以下:高新区)は1992年11月に設立され、2006年8月、科学技術部の批准を経て、膠州湾の北部までに拡大され、主園区を形成される。2007年11月、市委・市政府は新たな高新区工作委員会、管理委員会を設立し、市級経済管理権限を与え、膠州湾北部主園区の建設の推進を統括し、青島ハイテク工業パーク、青島新技術産業開発実験区、青島科学技術街、市南ソフトウェアパークを指導させる。2012年5月31日、市委・市政府は紅島経済区の管理システムを建設し、紅島経済区工作委員会、管理委員会(準)を設立し、高新区工作委員会、管理委員会と同じ人事構成を持って、高新区、青島輸出加工区、紅島街道、河套街道の35コミュニティを管轄し、人口は8.1万、陸上の敷地面積は167k㎡。2015年2月、市委・市政府はブルーシリコンバレーコアエリア、海洋科学技術革新及び成果孵化ベルトと青島(膠南)新技術産業開発実験区を高新区の傘下に収め、調整した後の面積が327.8 k㎡に達した。2017年1月、輸出加工区は保税区に転換された。

  発展現状:

  近年、紅島経済区(高新区)は第18回党大会の精神を学び、実行を徹底し、ハイエンドの位置づけ、前列を行く要求に巡り、「革新・調和・グリーン・開放・共有」の発展理念を推進し、経済社会の穏やかな運行を実現した。2016年4月、山東半島国家自主革新モデル区の建設のチームに入った。2016年、一定規模以上の工業の増加値は前年比10.1%増の50.96億元に達した。固定資産の投資額は同14.1%増の156億元に達した。一般公共予算額は同31.3%増の20.2億元に達し、各項目の主要経済指標の増加幅は同市の上位となった。

  名誉

  初陣国家科学技術サービス業区域パイロット

  国家ソフトウェア及び情報サービスモデル基地

  国家ロボットハイテク産業化基地

  国家トーチプロジェクト青島海洋生物医薬特色産業基地

  青島国家海洋設備ハイテク産業化基地

  国家トーチプロジェクトグラフェン及び先進的炭素材料特色産業基地

  青島初となる国家生態文明先行モデル区

  国家知恵都市パイロット

  国家級生態工業モデル園区

  中国一番投資潜在力のある経済園区

  国家初となる革新・起業企業債券パイロット

  国家低炭素工業園区パイロット

  革新人材育成モデル基地

  山東省省級文明機関

  二、 産業パターン

  高新区は設立されてから、ハイエンド、国際化、市場シェアの大きな分野に注目し、さらに産業の方向を最適化、グレードアップし、6大産業発展プロジェクトを実行し、計935項目の重点プロジェクトを導入し、投資総額は2176億元。6大産業は国家級特色産業モデル基地に入選し、「新興産業組織革新モデルプロジェクト」は科学技術部の「起業中国」計画に納入された。

  1、ソフトゥェア情報産業プロジェクト。ソフトウェア、ハードウェア分野に注目し、計162項目のプロジェクトと園区を導入した。うち、中興網信青島科学技術産業パーク、投資総額30億元の金山雲小鎮、投資総額15億元の華為青島クラウドコンピューティングデータセンター及び聯合革新センターは高新区と調印した。

  2、医療医薬産業プロジェクト。プレシジョン・メディシン、新薬の開発と医療設備の分野に注目、計111項目のプロジェクトを導入した。うち、黄海製薬、山東大学中米国際革新産業パーク、欧博方、華仁太医、易邦生物などのプロジェクトは同園区に定住した。

  3、スマート製造及び新材料産業プロジェクト。伝統的生産ラインのスマートシステムのソリューション、ロボット、グラフェンなどの分野に注目し、計130項目のプロジェクトを導入した。青島市8割以上のロボット企業、スイスABB社、ドイツKUKA社、日本安川社、日本ファナック社は同園区に定住した。青島市グラフェン科学技術革新センター、国内初となる国際グラフェン革新センター、青島市初となるグラフェン国際科学技術協力基地、グラフェン公共テストプラットフォームは同パークに定住した。

  4、金融業プロジェクト。伝統的金融、ファンド、インターネット金融サービス分野に注目、商業銀行支店計8店舗、ファンド起業投資企業115社、120億元のファンドを管理している。山東省初となる科学技術特色支店、中関村と提携して山東省初となるインターネット金融産業パークを建設した。青島市唯一のファンド園区は使用され、国家初陣の革新・起業企業債券パイロットに入選した。

  5、インターネット産業プロジェクト。電子商取引、大口商品取引、クラウド及びビッグデータ分野に注目、青島国際農産品取引センター、中国通信データセンター、moco.cc社の本社、中民投インターネット区域医療管理本部など一連有名な企業は同開発区に定住した。中国智谷青島園区、Hexagon智恵産業パーク、青島国際ビッグデータ産業パークなどは着工し、区域的なインターネット産業発展基地を作り上げた。

  6、ハイエンドサービス発展プロジェクト。経済、文化創意、仲介機関、観光業分野に注目し、高速鉄道時代広場、華通科学技術本部と開発センター、東唐撮影創意パーク、ハイアールグローバル革新センター、方特夢幻王国などのプロジェクトは同開発区に定住し、国内一流のハイエンドサービス業基地を作り上げた。

  三、革新起業

  専門的孵化プラットフォーム

  「藍貝」ブランドの建設を巡り、31.8万平方メートルの孵化器(産業育成基地)を新規追加し、運営した面積は計201.2万平方メートルに達した。国家級孵化器、起業空間は計15社に達した。

  集積革新プラットフォーム

  中国科学院系、大学系、中央企業計、国際系の革新プラットフォームの建設を巡り、中国科学院近代物理研究所、西安東学精密機械研究所と協力の合意を締結し、山東大学中米イノベーション革新国際産業パーク、長光青島緊急技術設備開発及び産業化基地、ハイアールグループ新興産業パークは同開発区に定住した。西南交通大学青島軌道交通研究院、青島科学技術大学地質エネルギー研究院は同園区に進出した。世界で最大の技術転換機構と提携して、青島史太白国際技術転換センターを建設した。米国Cupertino市と友好関係都市関係を構築、イスラエルで青島工商センターを設立した。

  研究開発プラットフォーム

  初となる知的財産権サービス機構が同園区に進出し、青島技術取引市場は「国家技術転換モデル機構」、「国家海洋技術転換センター」、「国家科学技術成果転換サービスモデル基地」の称号を得た。

  人材発展プラットフォーム

  青島高新区は「政策で人材を導入、プラットフォームで人材を吸引、産業で人材を発展させ、環境で人材を引きとめ」の考え方に基づき、「青島ブルー人材港」の建設を加速し、ブルー経済(海洋経済)の人材基地を建設する。中国青島留学生起業パークなどの国家級人材基地に基づき、6人の先進国院士、18人の「両院(中国科学院と中国工程院)院士」、43人の「千人計画(海外ハイエンド人材導入計画)」専門家、61人の泰山学者が含まれるハイエンド人材4000人余りを導入し、千人計画の専門家は全市の1/3以上を占めた。

  科学技術金融プラットフォーム

  科学技術金融サービスセンター作りの目標を目指し、商業銀行の支店8店舗を導入、計110社に達し、管理したファンドの規模は120億元に達した。初陣国家イノベーション・起業企業債券パイロットに入選した。

  四、園区サービス

  青島高新区は市級経済管理権限を有して、プロジェクトの審査、工商管理、財務管理、労働人事管理、企画建設審査、環境保護審査、土地審査、監督などが含まれ、企業に工商登録、工場建設、企業生産などでサービスを提供する。

  高新区の管理委員会は企業が園区に定住するすべての行政手続の代行サービスを提供し、企業投資プロジェクト利便化改革を完成し、企業登録のデジタル化を実現する。

お问い合わせ

このウェブサイトの著作権は青島国家級ハイテク産業開発区管理委員会にあります ICP:番号:09087849